新聞小僧日記「マジぶん21」

新聞小僧が選んだ 世界日報 今日の一番記事

脊髄損傷 iPS移植開始世界初の治療 経過良好-慶大 ”iPS移植は、万病の解決になってほしい”

 小僧が高校生の時、友人が事故で首の神経を圧迫されたけがを負い、一時全身まひ(首から下)になりました。それは大変な状況でした。人生を全く書き換えなければならない、精神的にもダメージを受ける大変なものでした。幸い友人はリハビリ3年ほどかけて元に戻りましたが、それでも人生に大きな影響を与えています。ましてや、脊髄損傷で治療法がない状況であったら、どれだけ大変なことか想像を絶します。

 ここでこの記事の内容で疑問に思ったのですが、他人の細胞を使うならわざわざiPS細胞にする必要があるのでしょうか?他人のを使うなら普通の移植ではないのでしょうか?この記事では良く分からないですね。小僧の認識不足だと思うのですが、もう少し勉強します。新聞を読むことで、また新たな世界が開けてきましたよ。

 とにもかくにも、iPS移植がどれだけ希望の光になることか、ぜひ成功を期待しています。

 

世界日報 2022年1月15日 1面

f:id:shinbunkozou:20220117022754j:plain

 ところで余談なのですが、SF的な話になるのですが、脳を再生して移植したらどうなると思いますか?記憶や人格などリセットされなければならないと思いますか?脳の中に記憶などが保存されると考えるなら、まっさらな状態になってしまうと考えるでしょうね。小僧はそうは思えないです。小僧の今までの人生で持っているものを総動員して考えた結果は、脳内の神経の接続を組みなおすのにかなりのリハビリが必要でしょう。この時点で実現不可能かもしれませんが、もし出来たとしたと考えるなら、記憶や人格はもどってくると小僧は思います。皆さんどうでしょうか?

 さらに考えを進めて、他人の脳を移植したらどうなると思いますか?大方は他人に入れ替わると考えるでしょうねえ。しかし小僧はそうは思いません。小僧は、脳の中には人格や記憶は保存されないと思っています。だから、大変なリハビリの後には、他人は関係なく、本人の脳として機能すると思います。

 皆さんも考えてみてはどうでしょうか?世界が広がりますよ。

 

 電子新聞はPDFで読むのが、お勧めです。テキストのネット記事は、みな均一で配信者の意気込みが伝わってこないので、退屈です。その点、アナログ的なPDF新聞は面白いですよ。見出しだけでも意気込みが見えます。ぜひお試しあれ!

 新聞は、読み手の興味外のことでも、検索しないような事柄でも情報を与えてくれます。世界日報を読むことで、新たな興味の世界が広がる可能性がありますよ。

 

 「道徳的報道」を標榜する世界日報は、中立の立場で報道しています。国民にとって必要な情報を報道しています。左派右派を超えた立場での報道です。ぜひ大手メディアと比べてみてください。世界の真実が見えてきます。

 

  世界日報 電子版は、スマホ、パソコンで簡単に購読することが出来ます。忙しいあなたには、これを読むだけで必要な世界の情報が得られます。

 月額1,100円という破格の値段で毎日の最新記事、検索すると過去の記事も読むことが出来ます。セカンドペーパーとしてご活用しませんか?大手メディアと読み比べてみてください。大手メディアがどれだけ報道していないかが、分かります。

f:id:shinbunkozou:20210730124816j:plain

さらに忙しい方には、記事総まとめ

f:id:shinbunkozou:20210824000942p:plain

 

新聞小僧でした